石原鼎庵(読み)いしはら ていあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原鼎庵 いしはら-ていあん

1657-1698 江戸時代前期の儒者。
明暦3年生まれ。長崎の人。明(みん)(中国)の渡来僧澄一と心越興儔(こうちゅう),のち江戸で木下順庵にまなぶ。医術にくわしく,詩と書にすぐれたが,諸侯の招きには応じなかった。元禄(げんろく)11年死去。42歳。名は学魯。字(あざな)は貫卿。別号に〓(「折」の下に「目」)庵,梓山(しざん)。著作に「梓山拾翠集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android