コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石原鼎庵 いしはら ていあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石原鼎庵 いしはら-ていあん

1657-1698 江戸時代前期の儒者。
明暦3年生まれ。長崎の人。明(みん)(中国)の渡来僧澄一と心越興儔(こうちゅう),のち江戸で木下順庵にまなぶ。医術にくわしく,詩と書にすぐれたが,諸侯の招きには応じなかった。元禄(げんろく)11年死去。42歳。名は学魯。字(あざな)は貫卿。別号に〓(「折」の下に「目」)庵,梓山(しざん)。著作に「梓山拾翠集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石原鼎庵の関連キーワード澄一道亮儒者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android