コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石坂桑亀 いしざか そうき

1件 の用語解説(石坂桑亀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石坂桑亀 いしざか-そうき

1788-1851 江戸時代後期の蘭方医。
天明8年生まれ。石坂空洞の養父。吉益(よします)南涯にまなび,華岡青洲(はなおか-せいしゅう)の門にはいる。郷里美作(みまさか)(岡山県)の福渡(ふくわたり)村(建部(たけべ)町)で開業後,長崎のシーボルトについて蘭方をおさめ,備中(びっちゅう)足守(あしもり)藩主木下家の侍医となる。のち辞任し,天保(てんぽう)13年ごろ倉敷で開業した。嘉永(かえい)4年6月9日死去。64歳。名は良民。字(あざな)は恵甫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石坂桑亀の関連キーワード橋本宗吉五十嵐又碩江馬松斎小森宗二杉田恭卿杉山帰一広川獬十束井斎西島俊庵三谷泰作

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone