コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石坂桑亀 いしざか そうき

1件 の用語解説(石坂桑亀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石坂桑亀 いしざか-そうき

1788-1851 江戸時代後期の蘭方医。
天明8年生まれ。石坂空洞の養父。吉益(よします)南涯にまなび,華岡青洲(はなおか-せいしゅう)の門にはいる。郷里美作(みまさか)(岡山県)の福渡(ふくわたり)村(建部(たけべ)町)で開業後,長崎のシーボルトについて蘭方をおさめ,備中(びっちゅう)足守(あしもり)藩主木下家の侍医となる。のち辞任し,天保(てんぽう)13年ごろ倉敷で開業した。嘉永(かえい)4年6月9日死去。64歳。名は良民。字(あざな)は恵甫。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石坂桑亀の関連キーワードサリエリ朋誠堂喜三二バシール[2世]北欧美術リゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone