コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建部 たけべ

8件 の用語解説(建部の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建部
たけべ

岡山県南部,岡山市北部の旧町域。旭川中流域に位置する。 1955年上建部村,建部村,竹枝村の3村が合体して町制。 1967年福渡町と合体。 2007年岡山市に編入。中心地区の福渡は津山街道が旭川を渡るところに発達した渡し場集落で,近年は地方商業の中心地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

建部
たけるべ

古代の部民。「たけべ」「たてべ」とも読み,「武部」とも書く。詳細についてはわからないが日本武尊を偲んで設置された部とも,雄略天皇名代 (なしろ) として設置されたともいわれる。この地名,人名が各地に分布することから,この部民が広く存在していたことがうかがわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たけべ【建部】

姓氏の一。
[補説]「建部」姓の人物
建部綾足(たけべあやたり)
建部賢弘(たけべかたひろ)
建部遯吾(たけべとんご)

たける‐べ【部】

大和朝廷時代の部民(べみん)の一。日本武尊(やまとたけるのみこと)名を残すために設けられたという名代部(なしろべ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけるべ【建部】

古代の軍事的な部民。武部とも書き,〈たける〉は勇者の意。《日本書紀》景行紀43年条には景行天皇が子の日本武(やまとたける)尊の功名を伝えるために建部を定めたとし,《出雲国風土記》出雲郡健部郷の条にも同様の伝承がある。また《続日本紀》延暦3年(784)11月条では,雄略朝に〈健部君〉の名を賜ったとする。これから建部を日本武尊あるいは雄略天皇(大泊瀬幼武天皇(おおはつせわかたけのすめらみこと))の名代(なしろ)とする説がある一方,むしろ建部の名から日本武尊などとの関係が付会されたものとみ,建部を軍事的職業部とする説が有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建部
たけべ

岡山県中央部、御津(みつ)郡にあった旧町名(建部町(ちょう))。現在は岡山市北区の一地区。旭(あさひ)川中流域にある。1967年(昭和42)旭川右岸の建部町(1955町制)と左岸の久米(くめ)郡福渡(ふくわたり)町(1922町制)が合併して新しい建部町が発足し、役場は福渡に置かれた。2007年(平成19)岡山市に編入。JR津山線、国道53号、484号が通じる。旧町域は旭川を境にして東は美作(みまさか)国、西は備中(びっちゅう)国にあたる。福渡は江戸時代には岡山、津山両城下町の中間にあり、津山往来の宿場、また旭川水運の中継地として栄え、津山藩番所が置かれた。建部は岡山藩の家老池田氏の陣屋町であった。農業は稲作と酪農が中心となっている。衣料、電気機械部品などの中小工場があり、また岡山市の中心市街地への通勤者も多い。旭川には県営旭川ダムがある。[由比浜省吾]
『『福渡町略史』(1954・福渡町) ▽『建部町略史』(1977・建部町) ▽『建部町史』全3巻(1991~1995・建部町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建部の関連情報