石坂空洞(読み)いしざか くうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石坂空洞 いしざか-くうどう

1814-1899 江戸後期-明治時代の蘭方医。
文化11年8月生まれ。石坂桑亀(そうき)に師事し,その養子となる。京都の小森桃塢(とうう)らにまなび,倉敷で開業。岡山藩の医学館教授,侍医をつとめる。明治10年日本で最初に肝吸虫(肝臓ジストマ)を発見。明治32年10月26日死去。86歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本姓は船曳(ふなびき)。名は秋朗。通称は堅壮。著作に「内服同功」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android