コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚竜麿 イシヅカタツマロ

4件 の用語解説(石塚竜麿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしづか‐たつまろ【石塚竜麿】

[1764~1823]江戸中期の国語学者。遠江(とおとうみ)の人。本居宣長(もとおりのりなが)の弟子。「古言清濁考(こげんせいだくこう)」「仮名遣奥山路(かなづかいおくのやまじ)」を著し、上代特殊仮名遣い研究の先駆となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石塚竜麿 いしづか-たつまろ

1764-1823 江戸時代中期-後期の国学者。
明和元年生まれ。生家は遠江(とおとうみ)(静岡県)敷知郡の大庄屋。内山真竜(またつ),本居宣長(もとおり-のりなが),本居春庭(はるにわ)にまなぶ。「かなつかひおくの山路」「古言清濁考」など古代の特殊かなづかいの研究で業績をのこした。文政6年6月13日死去。60歳。名ははじめ矩慶(のりよし)。通称は安右衛門。屋号は槙屋(舎)(まきのや)。著作はほかに「万葉集漂柱(みおつくし)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石塚竜麿

没年:文政6.6.13(1823.7.20)
生年:明和1(1764)
江戸時代の国学者。屋号は槙舎。遠江国敷智郡細田村(静岡県浜松市)の庄屋石塚司馬右衛門の次男。天明6(1786)年同国大谷村の庄屋内山真竜に,寛政1(1789)年には松坂の本居宣長に入門。京都へ随行するほど晩年の宣長には信頼された。宣長の上代国語研究に実証的な裏付けを加え,仮名用法についての著作『古言清濁考』(1801),『仮名遣奥山道』(1798年序文)や古典注釈書などをものした。当時その『清濁考』を「宣長が説に協へるを正とし,其説に違へるは古書といへども不正とせり。古へを誣るの甚しきにあらずや」(荒木田久老『信濃漫録』)と難じられることもあったが,万葉仮名使い分け法について多くの新事実を解明し得た。<参考文献>小山正『石塚竜麿の研究』

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いしづかたつまろ【石塚竜麿】

1764~1823) 江戸後期の国学者。遠江とおとうみの人。本居宣長の門人。万葉仮名の用法を調査して上代特殊仮名遣いを発見。著「仮字遣奥山路」「古言清濁考」「科戸風」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石塚竜麿の言及

【仮名遣い】より

…また江戸時代の国学者の中には,契沖の学問をついで万葉仮名の用法を詳しく調査し,従来知られていなかった万葉仮名使用上の区別が奈良時代の文献にあることを明らかにし,万葉仮名によって擬古文を記すときの規範にすべきだと考えたものがある。石塚竜麿の《仮字遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)》,草鹿砥宣隆(くさかどのぶたか)の《古言別音鈔(こげんべつおんしよう)》,奥村栄実の《古言衣延弁(こげんええべん)》などがそれである。しかし,これは世間に一般的な影響を与えるほどには広まらなかった。…

【仮字遣奥山路】より

…江戸後期の国学者石塚竜麿(1764‐1823)の著した語学書。3巻。…

【国語学】より

…このような点に関しての研究は,明治以後の字音研究にまたなければならない。つぎに,宣長の弟子,石塚竜麿は,宣長の指導によって,いわゆる上代特殊仮名遣いを精査し,その結果を《仮字遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)》と題して発表した。しかし,竜麿の明らかにしたところは,いろは四十七文字に,直接,関係をもたないものであったから,そのすぐれた業績も,実際の仮名遣いの問題の上にはなんらの波紋を起こすことなくして埋もれて終わった。…

【万葉仮名】より

…その事実に着目したのが本居宣長で,《古事記伝》総論に〈仮字の事〉として万葉仮名を概説するとともに,同じ音と考えられる万葉仮名の使い分けを論じた。それを受けて,石塚竜麿(いしづかたつまろ)の《古言清濁考》《仮字遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)》が生じ,橋本進吉に引き継がれて,橋本のいわゆる〈上代特殊仮名遣い〉の事実の発見となった(表,表(つづき)を参照されたい)。 平安時代を含めて以後の時代の万葉仮名は,奈良時代およびそれ以前の場合とは違って,平仮名と同じく清濁を区別しないものとなり,また音韻組織の変化(甲・乙2類の音の区別の消失)に応じて変貌(へんぼう)した。…

※「石塚竜麿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石塚竜麿の関連キーワード石金音主高林方朗名倉安興桜井信景国学者四大人(国学四大人)末田稲麿藤田惟中三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone