上代特殊仮名遣い(読み)ジョウダイトクシュカナヅカイ

デジタル大辞泉の解説

じょうだい‐とくしゅかなづかい〔ジヤウダイトクシユかなづかひ〕【上代特殊仮名遣い】

奈良時代おそれ以前万葉仮名文献において、エキケコソトノヒヘミメヨロ(古事記ではモ)およびの濁音の合計20(あるいは21)の音節の万葉仮名による表記に、2類の使い分があると。このうちエはア行・ヤ行の別であるが、エ以外についてはそれれの発音に2種の別があるされ、その書分けを一般に甲類・乙類と称する。江戸時代に本居宣長が気づき、その弟子の石塚竜麿によって実例の収集整理が行われたが、近代になって橋本進吉の研究によ、しだいにその本質が明らかにされるに至った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

上代特殊仮名遣い【じょうだいとくしゅかなづかい】

狭義には上代にの見られる特殊な仮名のつかいわけのことを指すが,一般に,その仮名遣いに表れた,後世にはない上代特有の音韻の区別のことをも意味する。上代において〈き・・び・み・け・・こ・・そ・ぞ・と・・の・も・よ・〉の音にはそれぞれ2種類あったと見られ,便宜上,慣習的に〈甲類〉〈乙類〉と呼んで区別される(〈も〉の区別は《古事記》のみに見られる)。例えば,同じ〈き〉でも,〈きみ(君)〉の〈き〉は甲類,〈つき(月)〉の〈き〉は乙類である。甲乙の違いは母音の違いとされるのが一般であるが,音価については諸説があり一定しない。上代において万葉仮名には,甲類の音を表記するのに用いられる字母と,乙類の音を表記するのに用いられる字母との間に厳然とした区別があり,両者が混用されることはなかった。〈こ〉の区別が最も遅くまで残るが,平安時代に入ると,この区別はほぼ失われる。上代特殊仮名遣いの発見は,本文の校訂や語源・語義・語法の研究などに大きな影響を与え,また,ウラル・アルタイ語族の特徴である母音調和の現象が日本語にも存在することを明らかにした。なお,ア行の〈え〉とヤ行の〈え〉との区別は行の違いであり,甲乙の別とは異なるものであるが,区別の消滅の時期や,違いの存在の発見された時期の近さなどから,これも上代特殊仮名遣いにあわせて述べられることが多い。→仮名遣い
→関連項目仮字遣奥山路橋本進吉

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうだいとくしゅかなづかい【上代特殊仮名遣い】

奈良時代およびそれ以前の万葉仮名の使用に見いだされる,特殊な仮名遣い。平安時代の平仮名,片仮名では区別して書き分けることのない仮名〈き・ひ・み〉〈け・へ・め〉〈こ・そ・と・の・よ・ろ〉(《古事記》では〈も〉も)と〈え〉の13(《古事記》では14)と,それらのうち濁音のあるもの〈ぎ・び〉〈げ・べ〉〈ご・ぞ・ど〉の7に当たる万葉仮名に,甲・乙2類があって,語によってこの2類は厳格に区別して用いられた事実を指す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうだいとくしゅかなづかい【上代特殊仮名遣い】

上代の万葉仮名を用いた文献に見られる仮名の使い分けをいう。平安時代以降同音となったキヒミケヘメコソトノヨロ(古事記ではモも)とその濁音、およびア行・ヤ行のエが、発音の違いを反映して二類に書き分けられているもの。エを除き、二類の書き分けを甲類・乙類と呼ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上代特殊仮名遣い
じょうだいとくしゅかなづかい

7、8世紀の日本語文献には、後世にない仮名の使い分けがあり、それは発音の違いに基づくというもの。キケコソトノヒヘミメモヨロおよびその濁音ギゲゴゾドビベの万葉仮名は、それぞれ二つのグループ(橋本進吉の命名により甲類、乙類とよんでいる)に分類でき、グループ間で混用されることがない。たとえば、美、弥などは(三)、ル(見)、カ(上、髪)などのミを表すのに用い、未、微、尾などは(身)、ル(廻)、カ(神)などのミを表すのに用いている(前者をミの甲類、後者をミの乙類という)。
 このような2類の区別は、漢字音の研究などにより、当時の日本語の音韻組織が後世とは異なっていた事実の反映と認められる。発音上どのような差異があったのかという点では諸説があり、母音体系の解釈についても定説がない。『古事記』には他の文献にはないモの2類の区別があり、ホとボにも区別した痕跡(こんせき)がうかがわれることから、オ段に関してはほぼ各行に2類の区別が認められることとなり、現在の音に近い[o]と、中舌母音の[]のような2種の母音が存在したと推定する説が有力である。イ段、エ段ではカガハバマという偏った行にしか2類の使い分けがないことから、オ段と同様に2種の母音の存在を想定する説(甲類は現在の音に近い単母音、乙類は二重母音または中舌母音とする説が多い)には、やや説得力に欠ける点があり、子音の口蓋(こうがい)化と非口蓋化による差異とする説も唱えられている。このような万葉仮名の使い分けは、畿内(きない)では8世紀後半以降しだいにあいまいになり、9世紀にはほとんど失われてしまった。『万葉集』の東歌(あずまうた)、防人歌(さきもりうた)の伝える東国方言では、かなり多く2類の混同がみえる。
 この言語事象の指摘は、本居宣長(もとおりのりなが)に始まり、石塚龍麿(たつまろ)がさらに詳しく調査し、2類の間に画然とした区別のあることを『仮名遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)』に著した。この書は写本として伝わり、橋本進吉が独自の研究で再発見して、この説に訂正を加えて紹介公表するとともに、単なる仮名遣いではなく、音韻の差異による書き分けであることを明らかにした。この発見は文法や語彙(ごい)にも及び、たとえば、動詞四段活用の已然(いぜん)形「行け」と命令形「行け」、「上(かみ)」と「神(かみ)」はそれぞれ発音が違っていたことが知られ、上代日本語の研究は飛躍的に進歩した。なお、橋本進吉はエの2類の区別も含めたが、これはア行とヤ行の区別であって、前述のものとは性質を異にする。[沖森卓也]
『『文字及び仮名遣の研究』(『橋本進吉博士著作集 第3冊』1949・岩波書店) ▽『国語音韻の研究』(『橋本進吉博士著作集 第4冊』1959・岩波書店) ▽大野晋著『上代仮名遣の研究』(1953・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の上代特殊仮名遣いの言及

【万葉仮名】より

…その事実に着目したのが本居宣長で,《古事記伝》総論に〈仮字の事〉として万葉仮名を概説するとともに,同じ音と考えられる万葉仮名の使い分けを論じた。それを受けて,石塚竜麿(いしづかたつまろ)の《古言清濁考》《仮字遣奥山路(かなづかいおくのやまみち)》が生じ,橋本進吉に引き継がれて,橋本のいわゆる〈上代特殊仮名遣い〉の事実の発見となった(表,表(つづき)を参照されたい)。 平安時代を含めて以後の時代の万葉仮名は,奈良時代およびそれ以前の場合とは違って,平仮名と同じく清濁を区別しないものとなり,また音韻組織の変化(甲・乙2類の音の区別の消失)に応じて変貌(へんぼう)した。…

※「上代特殊仮名遣い」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android