コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚英蔵 いしづか えいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石塚英蔵 いしづか-えいぞう

1866-1942 明治-昭和時代前期の官僚。
慶応2年7月23日生まれ。明治23年内閣法制局にはいり,中国,朝鮮民政にたずさわる。大正5年から貴族院議員,東洋拓殖総裁。昭和4年台湾総督となるが,翌年台湾先住民族の武装蜂起(ほうき)(霧社事件)がおき,6年辞任。9年枢密顧問官。昭和17年7月28日死去。77歳。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石塚英蔵

没年:昭和17.7.28(1942)
生年:慶応2.7.23(1866.9.1)
明治大正,昭和前期の官僚。会津藩(福島県)藩士の子。一高,帝大法科卒。司法省法制局を振り出しに,明治31(1898)年台湾総督府参事官長に赴任。児玉源太郎総督いわく「後藤(新平)は民政,石塚は法制,我輩が軍政」と。のち関東都督府民政長官,朝鮮総督府農商工部長官などを経て,大正5(1916)年東洋拓殖会社総裁,同年貴族院議員。昭和4(1929)年浜口内閣により台湾総督となるが,6年,台湾の原住少数民族が日本に抗して武装蜂起した霧社事件(1930)の責任をとって辞任。9年から没時まで枢密顧問官。

(安岡昭男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

石塚英蔵の関連キーワード没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android