コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石塚英蔵 いしづか えいぞう

2件 の用語解説(石塚英蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石塚英蔵 いしづか-えいぞう

1866-1942 明治-昭和時代前期の官僚。
慶応2年7月23日生まれ。明治23年内閣法制局にはいり,中国,朝鮮の民政にたずさわる。大正5年から貴族院議員,東洋拓殖総裁。昭和4年台湾総督となるが,翌年台湾先住民族武装蜂起(ほうき)(霧社事件)がおき,6年辞任。9年枢密顧問官。昭和17年7月28日死去。77歳。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石塚英蔵

没年:昭和17.7.28(1942)
生年:慶応2.7.23(1866.9.1)
明治大正,昭和前期の官僚。会津藩(福島県)藩士の子。一高,帝大法科卒。司法省法制局を振り出しに,明治31(1898)年台湾総督府参事官長に赴任。児玉源太郎総督いわく「後藤(新平)は民政,石塚は法制,我輩が軍政」と。のち関東都督府民政長官,朝鮮総督府農商工部長官などを経て,大正5(1916)年東洋拓殖会社総裁,同年貴族院議員。昭和4(1929)年浜口内閣により台湾総督となるが,6年,台湾の原住少数民族が日本に抗して武装蜂起した霧社事件(1930)の責任をとって辞任。9年から没時まで枢密顧問官。

(安岡昭男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石塚英蔵の関連キーワード会津川崎卓吉池上四郎(1)太田政弘佐々木秀司内藤三郎西久保弘道丹羽七郎畑英太郎毛利基

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石塚英蔵の関連情報