コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧社事件 むしゃじけん

7件 の用語解説(霧社事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霧社事件
むしゃじけん

1930年10月27日,台湾の台中州霧社の台湾先住民が中心になって台湾総督府の統治に反抗蜂起した事件。派出所襲撃に始まり,130人以上の日本人が殺害された。総督府は軍隊,警察を出動させ,徹底した弾圧を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

霧社事件

1930年、日本の植民地支配下にあった台湾中部の山村・霧社で、先住民が日本人134人を殺害した武装蜂起台湾総督府は軍や警拶他の先住民を動員して鎮圧し、蜂起した先住民1千人以上の大半が死亡した。

(2013-04-17 朝日新聞 朝刊 都区内 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むしゃ‐じけん【霧社事件】

昭和5年(1930)、日本統治下の台湾台中州霧社で、高山族差別待遇や過酷な出役労働に抗して起こした反日武装蜂起事件。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

霧社事件【むしゃじけん】

1930年10月27日台湾の台中州霧社(現在は南投(なんとう)県仁愛(じんあい)郷)で起こった高山(こうざん)族の抗日蜂起(ほうき)事件。日本の植民地支配に対する原住民の不満が爆発したもので,モーナ・ルダオを指導者としてマヘボ社など6社約1500名が蜂起し日本人134名を殺害。
→関連項目台湾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むしゃじけん【霧社事件】

1930年10月27日に起こった台湾の霧社高山(こうざん)族の抗日蜂起事件。遠因は,長年つづいた権謀術策と欺瞞(ぎまん)に満ちた理蕃政策への総反抗,近因は,部落民への過度な強制労働ならびに指導者モーナ・ルダオ一族への凌辱(りようじよく)などが積み重なって引き金となったことが考えられる。蜂起高山族の計画的な一斉襲撃に日本官民側の犠牲は老幼男女を含んで134名にのぼった。霧社(現,南投県仁愛郷)は,〈蕃界〉中もっとも開化が進み,教育水準も高いと折紙をつけられていた部落だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むしゃじけん【霧社事件】

1930年(昭和5)10月、台湾台中州の山地、霧社地区の高砂族が日常的差別や強制労働などに抗して起こした抗日蜂起。日本人百数十名が殺害され、軍隊が出動し翌月鎮圧。翌年の報復事件(第二次霧社事件)などを含め、住民側は約千名が殺害された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霧社事件
むしゃじけん

台湾の少数原住民族(中国語圏では、「先住民」に「今は存在しない」という意味があるため、「原住民」が用いられる)の抗日反乱事件。1930年(昭和5)10月27日、台中(たいちゅう)州能高(のうこう)郡霧社(現南投(なんとう)県仁愛郷)一帯のタイヤル族6部落300余名が、マヘボ部落のモーナ・ルーダオの指揮で一斉に蜂起(ほうき)し、奥地の警察官駐在所を襲撃、ついで霧社公学校の運動会開催中を襲い、日本人134名を殺害した。漢民族の犠牲者は流れ弾に当たったものと日本人と誤認されたもの計2名で、計画的な反日蜂起であった。台湾総督府は鎮圧のため警察官ら2700余人を投入、台湾軍からも1000人以上が出動して、激しい掃討戦を繰り広げた。反乱側の士気はきわめて高く、統制もとれ、天険にたてこもって最後まで抵抗を続けたが、11月末になって力尽き、モーナ・ルーダオらの自殺でようやく鎮定された。掃討戦には山砲、機関銃、飛行機などが用いられ、毒ガスも使われた疑いが濃い。
 台湾総督石塚英蔵(えいぞう)、総務長官人見次郎、警務局長石井保らが責任を問われて翌31年1月辞任するなど、事件の波紋は大きかった。また反乱に加わった部落は、同年4月、別の部落に襲撃され(第二霧社事件)たすえ、5月遠隔地に強制移住させられた。蜂起の原因は、日常的差別待遇、過酷な出役労働、低賃金と警察官によるその着服などへの不満が主であった。長期にわたる日本の強圧的な民族政策で土地を失い、行動を制限されてきたことへの不満がその背景をなしていた。[岡部牧夫]
『戴國編著『台湾霧社蜂起事件』(1981・社会思想社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霧社事件の関連キーワード台湾民主国出来事竹筏叛乱シス-トランステスト2・28事件台湾の被爆者戴国煇二・二八事件HRS

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

霧社事件の関連情報