コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山師香 いしやま もろか

美術人名辞典の解説

石山師香

江戸中期の公卿壬生基起の次男。石山家の祖。初名は基信、また師信・基董。従二位権中納言に至る。狩野永納に画を学び一家を成し、書・和歌・彫刻にも秀でた。享保19年(1734)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石山師香 いしやま-もろか

1669-1734 江戸時代前期-中期の公卿(くぎょう)。
寛文9年5月13日生まれ。藤原氏持明院(じみょういん)支流の葉川(園)基起(もとおき)の次男。元禄(げんろく)16年従三位となり,葉川(のち壬生(みぶ))家からわかれて石山家をおこす。享保(きょうほう)7年参議,19年権(ごんの)中納言。従二位。狩野永納(かのう-えいのう)にまなんで戯画にすぐれ,書,和歌,彫金でも知られた。享保19年10月13日死去。66歳。初名は基信,ついで基董。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石山師香の関連キーワード山脇巻石

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android