コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山脩平 いしやま しゅうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石山脩平 いしやま-しゅうへい

1899-1960 昭和時代の教育学者。
明治32年11月18日生まれ。東京文理大教授などをへて,昭和24年東京教育大の初代教育学部長。ギリシャ教育史を研究。梅根悟とともに教科の生活化・統合を意図した教育課程「コア-カリキュラム」を推進した。昭和35年6月18日死去。60歳。静岡県出身。京都帝大卒。旧姓は小林。著作に「教育的解釈学」「民主教育論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石山脩平の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android