コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山記 いしやまき

1件 の用語解説(石山記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いしやまき【石山記】

説経節の曲名。延宝(1673‐81)ころの作で天満(てんま)八太夫の正本である。六段構成で浄瑠璃形式ではあるが,〈蓮花上人の由来をくはしく尋ね奉るに〉で始まる本地物(ほんじもの)のなごりがある。石山寺十一面観音の子と生まれた蓮花上人の一代記で,弥陀・観音一体観による念仏の奇瑞(きずい)を強調している。世俗的な場面を盛り込み,とくに上人の幼児期の体験として,飢餓に苦しむ家族の姿を克明に語るところは説経の特色がよくでている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石山記の関連キーワード五説経説経節愛護の若歌説経説経説経語り説経祭文説経太夫江戸孫四郎対馬五郎右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石山記の関連情報