コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山記 いしやまき

世界大百科事典 第2版の解説

いしやまき【石山記】

説経節の曲名。延宝(1673‐81)ころの作で天満(てんま)八太夫正本である。六段構成で浄瑠璃形式ではあるが,〈蓮花上人の由来をくはしく尋ね奉るに〉で始まる本地物(ほんじもの)のなごりがある。石山寺の十一面観音の子と生まれた蓮花上人の一代記で,弥陀・観音一体観による念仏の奇瑞(きずい)を強調している。世俗的な場面を盛り込み,とくに上人の幼児期の体験として,飢餓に苦しむ家族の姿を克明に語るところは説経の特色がよくでている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

石山記の関連キーワード説経節天馬

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石山記の関連情報