コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石崎元徳 いしざき げんとく

2件 の用語解説(石崎元徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石崎元徳 いしざき-げんとく

1693-1770 江戸時代中期の画家。
元禄(げんろく)6年生まれ。肥前長崎の人。小原慶山にまなぶ。元文元年唐絵目利(からえめきき)兼御用絵師となる。晩年に失明,門人荒木元融の子融思を養子とした。明和7年10月29日死去。78歳。本姓は西崎。字(あざな)は慶甫。通称は清右衛門。号は昌山。作品に「黄檗画像」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石崎元徳

没年:明和7.10.29(1770.12.15)
生年:元禄6(1693)
江戸中期の画家。長崎の人。本姓西崎氏。小原慶山に師事。元文1(1736)年唐絵目利兼御用絵師となり,黄檗僧の肖像などを描いた。<参考文献>古賀十二郎『長崎絵画全史』『長崎画史彙伝』

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石崎元徳の関連キーワード為笑狩野永良画猫道人愚庵(1)篠嶋元琪春挙雪篷羽賀林真北幸山本素川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone