コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石崎元徳 いしざき げんとく

2件 の用語解説(石崎元徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石崎元徳 いしざき-げんとく

1693-1770 江戸時代中期の画家。
元禄(げんろく)6年生まれ。肥前長崎の人。小原慶山にまなぶ。元文元年唐絵目利(からえめきき)兼御用絵師となる。晩年に失明,門人荒木元融の子融思を養子とした。明和7年10月29日死去。78歳。本姓は西崎。字(あざな)は慶甫。通称は清右衛門。号は昌山。作品に「黄檗画像」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石崎元徳

没年:明和7.10.29(1770.12.15)
生年:元禄6(1693)
江戸中期の画家。長崎の人。本姓西崎氏。小原慶山に師事。元文1(1736)年唐絵目利兼御用絵師となり,黄檗僧の肖像などを描いた。<参考文献>古賀十二郎『長崎絵画全史』『長崎画史彙伝』

(佐藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

石崎元徳の関連キーワード石崎元徳坂東彦三郎チェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルン後桜町天皇ドイツ演劇日韓中高生交流事業品井沼干拓池田宗旦

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone