コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川光陽 いしかわ こうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川光陽 いしかわ-こうよう

1904-1989 昭和時代の写真家。
明治37年7月5日生まれ。東京九段下の蜂谷写真館で修業。昭和2年警察官となり,6年から警視庁警務部企画課に勤務し,雑誌「自警」に管内スナップ写真を連載。17年から空襲による被害を撮影しつづけ,「東京大空襲の全記録」をのこした。平成元年12月26日死去。85歳。福井県出身。本名は武雄。写真集に「痛恨の昭和」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川光陽の関連キーワード昭和時代写真家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川光陽の関連情報