コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石本秀一 イシモトシュウイチ

デジタル大辞泉の解説

いしもと‐しゅういち〔‐シウイチ〕【石本秀一】

[1897~1982]野球監督。広島の生まれ。母校広島商業野球部の監督を経て、昭和11年(1936)大阪タイガース阪神前身)の監督に就任。同25年に広島カープの初代監督となり、資金難の際も球団存続に尽力した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石本秀一 いしもと-ひでいち

1897-1982 大正-昭和時代の野球監督。
明治30年11月1日生まれ。大連実業団投手をへて,大正12年母校広島商業の監督となり,春夏4度全国優勝。昭和11年大阪タイガース監督となり,12年秋,13年春優勝。名古屋金鯱(きんこ),大陽などの監督をへて,25-28年広島カープの初代監督をつとめ,球団の基礎づくりにつくした。47年野球殿堂入り。昭和57年11月10日死去。85歳。広島県出身。関西学院高等部中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石本秀一の関連キーワード昭和時代石本

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石本秀一の関連情報