石本秀一(読み)イシモトシュウイチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石本秀一 いしもと-ひでいち

1897-1982 大正-昭和時代の野球監督。
明治30年11月1日生まれ。大連実業団投手をへて,大正12年母校広島商業の監督となり,春夏4度全国優勝。昭和11年大阪タイガース監督となり,12年秋,13年春優勝。名古屋金鯱(きんこ),大陽などの監督をへて,25-28年広島カープの初代監督をつとめ,球団の基礎づくりにつくした。47年野球殿堂入り。昭和57年11月10日死去。85歳。広島県出身。関西学院高等部中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石本秀一の関連情報