コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石柱渓 せきちゅうけい

世界大百科事典 第2版の解説

せきちゅうけい【石柱渓】

山口県西部,豊浦郡豊田町にある木屋(こや)川中流の小支流ドウドウ川の渓谷。狗留孫(くるそん)山や豊田湖とともに豊田県立自然公園内の景勝地。白亜紀の石英斑岩が浸食され,約1kmにわたって滝や淵が連続し,岩壁には不整形五角柱の柱状節理が発達する。国の名勝・天然記念物に指定されている。河岸はコジイ,アラカシなどの広葉樹林となり,春秋を通じて行楽地やキャンプ地として知られる。【三浦 肇】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石柱渓
せきちゅうけい

山口県西部、下関市豊田町(とよたちょう)今出(いまで)にある渓谷。木屋(こや)川の支流ドウドウ川が、厚狭(あさ)川の支流麦川(むぎかわ)川の上流を争奪した所に生じたもの。約2キロメートルにわたって、白亜紀石英斑(せきえいはん)岩を侵食し、四十八滝とよばれる滝の多い渓流となり、四角から六角の柱状節理の発達した河床岩盤には変化に富む甌穴(おうけつ)も多い。豊田県立自然公園に含まれ、国の名勝・天然記念物に指定されている。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石柱渓の関連キーワード山口県下関市豊田町今出豊田(山口県)山口県下関市豊田[町]山口県木屋川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android