コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石柱渓 せきちゅうけい

2件 の用語解説(石柱渓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せきちゅうけい【石柱渓】

山口県西部,豊浦郡豊田町にある木屋(こや)川中流の小支流ドウドウ川の渓谷。狗留孫(くるそん)山や豊田湖とともに豊田県立自然公園内の景勝地。白亜紀の石英斑岩が浸食され,約1kmにわたって滝や淵が連続し,岩壁には不整形五角柱の柱状節理が発達する。国の名勝・天然記念物に指定されている。河岸はコジイアラカシなどの広葉樹林となり,春秋を通じて行楽地やキャンプ地として知られる。【三浦 肇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石柱渓
せきちゅうけい

山口県西部、下関市豊田町(とよたちょう)今出(いまで)にある渓谷。木屋(こや)川の支流ドウドウ川が、厚狭(あさ)川の支流麦川(むぎかわ)川の上流を争奪した所に生じたもの。約2キロメートルにわたって、白亜紀石英斑(せきえいはん)岩を侵食し、四十八滝とよばれる滝の多い渓流となり、四角から六角の柱状節理の発達した河床岩盤には変化に富む甌穴(おうけつ)も多い。豊田県立自然公園に含まれ、国の名勝・天然記念物に指定されている。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石柱渓の関連キーワード俵山温泉山口県立大学下関進運豊浦宮穴門豊浦宮とようらのんのこの郷みとう額田部広麻呂

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石柱渓の関連情報