コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

デジタル大辞泉の解説

かい【階】

[名]
上がり段。きざはし。階段。
多層の建物の一つの層。「受付は2にある」
地質年代による地層区分の最小の単位。年代区分の「」に対応し、「」を細分したもの。
数学で、微分方程式に含まれる未知関数の導関数の最高次数。
[接尾]助数詞。
建築物の層を数えるのに用いる。「35建てのビル」
位階の等級を数えるのに用いる。
「一―こえて、内侍督(ないしのかみ)三位の加階し給ふ」〈宇津保・蔵開下〉

かい【階】[漢字項目]

[音]カイ(漢) [訓]きざはし
学習漢字]3年
段になった通路。はしご段。「階段階梯(かいてい)
地位などの上下の順序。「階級階層位階越階(おっかい)音階職階段階
建物の床の重なり。「階下地階
[名のり]とも・はし・より

きざ‐はし【階/階】

階段。きだはし。「の―」

きだ‐はし【階/階】

きざはし」に同じ。
「―のもとに行きて見れば、履物どもひしと脱ぎたり」〈義経記・三〉

はし【階/×梯】

(階)庭から建物に上がる階段。きざはし。
「―を三段登る」〈鴎外山椒大夫
(梯)はしご。かけはし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

階【かい】

地質系統の最小の区分単位。を細分したもの。地質年代の期に対応する。たとえば船川階は船川期に形成された地層・岩体のこと。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かい【階】

[1] ( 名 )
多層の建築物のひとつの層。 「上の-」
地質時代を区分する時の最小単位である「期」に相当する期間に堆積した地層。
官位。等級。 「 -越えて学士の右大弁三位になる/宇津保 国譲下
階段。きざはし。
( 接尾 )
助数詞。
建築物の層を数えるのに用いる。 「二-建て」
位階の等級を数えるのに用いる。 「一-越えて、ないしのかみ三位の加階し給ふ/宇津保 蔵開下

きざはし【階】

階段。だんだん。きだはし。 「石の-」

はし【階】

〔「梯はし」と同源〕
庭から家に上がる階段。きざはし。 「 -を上りもはてずつい居給へれば/源氏 総角

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【地質時代】より

…したがって,そのなかのある部分については修正がつづけられたり,問題が残されていたりする。人類の歴史の区分や時間の区分にしても大単元から小単元へと固有の名称があるように,地質系統の区分には累界(累代),界(代),系(紀),統(世),階(期)の用語が使われ,それぞれが,地球の歴史のある単元の中で地球表面に堆積した一連の地層と地層が堆積する間に流れた時間を示すという国際的な約束ができている。累界,界,系,統,階は年代層序区分,累代,代,紀,世,期は年代区分である。…

【階段】より

…異なる高さの床面を結ぶ通路で,段々状になったものをいう。傾斜した地盤上につくり出されるものと,建築物の上下階を結ぶ構造物とがある。形状により,直階段,折れ階段,折返し階段,回り階段,らせん階段などに分けられる。…

【梯子】より

…昇降のための道具。代表的な形は2条の長い材の間に,足がかりの横木(踏子(ふみこ))を一定の間隔で取り付けたもので,これを対象に寄せかけて立て,昇降する。猿梯子とも呼ばれ,木製が多いが竹製,金属製などもある。梯子は古く〈はしのこ〉と呼ばれ,〈こ〉は木の葉(このは)などと同じく〈木〉の古形であり,〈はし〉は端,橋などと同根で,端と端の間に渡すという意味である。〈はしのこ〉は端と端の間に渡した横木を指したが,これがいつしか梯子全体を指すようになったと思われ,梯子を立てることを梯立(はしたて)ともいった。…

【階段】より

…異なる高さの床面を結ぶ通路で,段々状になったものをいう。傾斜した地盤上につくり出されるものと,建築物の上下階を結ぶ構造物とがある。形状により,直階段,折れ階段,折返し階段,回り階段,らせん階段などに分けられる。…

※「階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

階の関連キーワード半音階(クロマティックスケール)[chromatic scale]フォーレル=ウーレ水色階級第一ホテル東京シーフォートセルリアンタワー東急ホテル中銀カプセルタワービルowner houseスーパードライホールハマクロス411ハンコック展望台グラウンドフロアKITTE博多グレイスケールグレースケール下駄履き住宅ビナフロント虎ノ門ヒルズコロッセオ下駄履住宅鷲尾宇兵衛ワッハ上方

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

階の関連情報