コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段段 キダキダ

4件 の用語解説(段段の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きだ‐きだ【段】

[形動ナリ]物を細かく切り刻むさま。ずたずた。
「恋も未練も―に切捨くれんと突立(つったつ)て」〈露伴・風流仏〉

だん‐だん【段段】

[名]
いくつかの段のあるもの。また特に、階段。「裾が段段になっているスカート」「石の段段を上る」
事柄の一つ一つ。条々。次第。「御無礼の段段御寛恕(かんじょ)下さい」
いくつかに切れること。きれぎれ。
「剣―に折れにけり」〈謡・盛久
[副]
順を追ってゆっくりと変化してゆくさま。しだいしだいに。「病気は段段快方に向かう」「段段と春めいてきた」「段段に難しくなる」
次から次へと続くさま。かずかず。あれやこれや。
「そこには―深い事情があるんだがね」〈漱石虞美人草
[感]《「だんだんありがとう」の略。京都の遊里で用いられた語》いろいろとありがとう。
「斗量さん、―」〈洒・うかれ草紙〉
[アクセント]ンダン、はダンダン、またはダンダン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きだきだ【段段】

( 形動ナリ )
ずたずたに切りきざむさま。きざきざ。 「恋も未練も-に切捨くれんと/風流仏 露伴

だんだん【段段】

[1] ( 名 )
段がいくつかあること。また、階段。 「 -を下りる」 「 -になった道」
(「…の段段」の形で)事柄や行為の一つ一つ。箇条箇条。一くだり一くだり。 「御教示の-身に泌みております」
切れて離れていること。いくつにも小さく切れていること。 「王難の災に逢ふといふともその剣-に折れ/謡曲・盛久」
[3][0] ( 副 )
(「と」「に」を伴っても用いる)事態・状況が順を追って少しずつ変わっていくさま。 「新しい仕事にも-(と・に)慣れた」 「 -(と・に)明るくなる」
次々に続くさま。あれこれ。かさねがさね。 「なう是には言訳-有/浄瑠璃・堀川波鼓
[3] ( 感 )
〔「だんだんありがとう」の略。近世後期から京の遊里で用いられた挨拶語〕 いろいろありがとう。 「先夜は-、生憎あいにく銭入を忘れたから/思出の記 蘆花

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

段段の関連キーワード構成分割合する交錯採択全巻中段枝分れサブタイプホルモン放出ホルモン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

段段の関連情報