石河政朝(読み)いしこ まさとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石河政朝 いしこ-まさとも

1686-1765 江戸時代中期の武士。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩家老石川章長(あきなが)の5男。石河政郷(まささと)の養子。幕臣。享保(きょうほう)14年家督をつぎ,目付,小普請奉行,町奉行をへて,延享元年大目付となる。宝暦4年西丸小姓組番頭(ばんがしら),6年留守居(るすい)にすすむ。明和2年8月2日死去。80歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android