コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石河正養 いしこ まさかい

2件 の用語解説(石河正養の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石河正養 いしこ-まさかい

1821-1891 江戸後期-明治時代の国学者。
文政4年8月2日生まれ。石見(いわみ)(島根県)津和野藩士。岡熊臣(おか-くまおみ),大国隆正にまなび,藩校養老館の教官となる。維新後,政府の大教正をつとめた。明治24年11月17日死去。71歳。本姓は越智。通称は半蔵,喜三二,金左衛門。号は審斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石河正養

没年:明治24.11.17(1891)
生年:文政4.8.2(1821.8.29)
幕末明治前期の国学者。通称は半蔵,喜三二など。号は多頭廼舎,審斎。津和野藩(島根県)藩士越智盛宣の子。同藩士石河正幸の養子となり,その娘諫子を娶って家を継ぐ。初め国学を藩の岡熊臣,大国隆正に学び,平田篤胤没後の門人となる。藩校養老館で国学教官を務め,維新後は東京に出て教導職(1872年政府が宗教による国民教化のために置いた職員)に就いた。墓所は東京青山墓地。<著作>『産土氏神考』『大祓私釈』『多頭廼舎歌文集』

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

石河正養の関連キーワードメキシコ美術ブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油石河正養中御門経之アメリカ音楽ゴンチャロフ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone