コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石淋の味を嘗めて会稽の恥を雪ぐ セキリンノアジヲナメテカイケイノハジヲススグ

2件 の用語解説(石淋の味を嘗めて会稽の恥を雪ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

石淋(せきりん)の味(あじ)を嘗(な)めて会稽(かいけい)の恥(はじ)を雪(すす)ぐ

《越王勾践(こうせん)会稽山の戦いに敗れ、呉王夫差石淋をなめて病状を医者に報告するという恥に耐え、その後呉を討って仇を報いたという故事から》屈辱を耐え忍んで、復讐の志を成し遂げることのたとえ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せきりんのあじをなめてかいけいのはじをすすぐ【石淋の味を嘗めて会稽の恥を雪ぐ】

中国の春秋時代、越王勾践こうせんが会稽山で呉王夫差に敗れて囚われた時、夫差の石淋をなめて病状を察するという屈辱にたえ、のち呉を破り恥をすすいだという故事。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone