石淋の味を嘗めて会稽の恥を雪ぐ(読み)せきりんのあじをなめてかいけいのはじをそそぐ

精選版 日本国語大辞典の解説

せきりん【石淋】 の 味(あじ)を嘗(な)めて会稽(かいけい)の恥(はじ)を=雪(そそ)ぐ[=きよむ]

(中国、呉王夫差会稽山で敗れ、囚われの身となった越王勾践(こうせん)が、夫差の石淋をなめて病状を察するという屈辱に耐え、やがてを討ってを報じたという故事から) 汚穢(おわい)を忍び困苦に耐えて、復讐の功を遂げることのたとえ。
※平治(1220頃か)下「勾践此の一句を見て、いよいよ命を重んじ、〈略〉つひに呉王を亡ぼして、国を併せ畢はんぬ。されば俗のには、石淋の味をなめて、会稽のをきよむと言へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

石淋せきりんあじめて会稽かいけいはじすす

《越王勾践こうせん会稽山戦いに敗れ、呉王夫差石淋をなめて病状を医者に報告するという恥に耐え、その後呉を討って仇を報いたという故事から》屈辱を耐え忍んで、復讐のを成し遂げることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android