コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田衣良 いしだいら

3件 の用語解説(石田衣良の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

石田衣良

日本の小説家。1960年3月28日生まれ、東京都出身、成蹊大学卒業。広告制作プロダクション広告代理店コピーライターとして勤務した後、33歳の時、フリーコピーライターに転身。36歳の時、小説家になることを決意し、多くの新人賞に応募し、97年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。以降、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞を、06年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞をそれぞれ受賞。13年、虐待を受けて育った少年が信頼できる大人を失い、孤独な殺人者と化していく衝撃の青春小説『北斗 ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞を受賞。時事問題や社会的に話題となった事件をきっかけに創作される作品が多い。

(2013-8-26)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしだ‐いら【石田衣良】

[1960~ ]小説家。東京の生まれ。本名、石平庄一(いしだいらしょういち)。コピーライターを経て作家となる。「4TEEN(フォーティーン)」で直木賞受賞。他に「池袋ウエストゲートパーク」「娼年(しょうねん)」「アキハバラ@DEEP」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田衣良 いしだ-いら

1960- 平成時代の小説家。
昭和35年3月28日生まれ。広告会社勤務をへて,フリーのコピーライターとなる。平成9年「池袋ウエストゲートパーク」でオール読物新人賞。15年東京月島を舞台に家庭内暴力援助交際になやみながら成長する中学生をえがいた短編集「4TEEN(フォーティーン)」で直木賞。18年「眠れぬ真珠」で島清恋愛文学賞。25年「北斗 ある殺人者の回心」で中公文芸賞。東京都出身。成蹊大卒。著作はほかに「娼年」「骨音─池袋ウエストゲートパークIII」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石田衣良の関連キーワード桜田常久藤原審爾宮内寒弥浅見淵阿部陽一大倉燁子大谷藤子寺崎浩野沢純船山馨

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone