コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石走る イワバシル

4件 の用語解説(石走るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いわ‐ばし・る〔いは‐〕【石走る】

[動ラ四]岩の上や間を水が激しく流れる。水が岩に当たってしぶきをあげる。
「―・りたぎち流るる泊瀬川(はつせがは)絶ゆることなくまたも来て見む」〈・九九一〉

いわ‐ばしる【石走る】[枕詞]

[枕]
岩で水がとびちる意から「垂水(たるみ)」にかかる。
「―垂水の上のさわらびの」〈・一四一八〉
「近江(あふみ)」「神奈備山(かんなびやま)」などにかかる。
「―近江の国の楽浪(ささなみ)の」〈・二九〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いわばしる【石走る】

( 動四 )
水が岩にぶつかってしぶきをあげながら流れる。 「 - ・り激たぎち流るる泊瀬川/万葉集 991

いわばしる【石走る】

( 枕詞 )
水が激しく岩にあたって砕ける意で、「滝」「垂水たるみ」にかかる。 「 -滝もとどろに鳴く蟬の/万葉集 3617」 「 -垂水の水の/万葉集 3025
地名「近江」にかかる。かかり方未詳。 「 -近江の国の楽浪ささなみの大津の宮に/万葉集 29

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石走るの関連キーワード赤ら引く秋山の垂水鳰鳥のびちゃびちゃ水注く飛散る余沫デビチル垂水真公

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone