コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石銭 コクゼニ

デジタル大辞泉の解説

こく‐ぜに【石銭】

こくせん(石銭)」に同じ。

こく‐せん【石銭】

江戸時代、浦賀大坂長崎などで、入港する廻船に課す税。積み荷の数量にかかわらず、その船の石数に応じて徴収した。こくぜに。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくぜに【石銭】

江戸時代の船役ふなやく(=船舶税)の一。大坂・長崎・浦賀などの港で、船石または積み荷高数に応じて課した税。こくせん。

こくせん【石銭】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石銭の関連キーワードこくせん江戸時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android