コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石黒由美子 いしぐろ ゆみこ

2件 の用語解説(石黒由美子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石黒由美子 いしぐろ-ゆみこ

1983- 平成時代のシンクロナイズドスイミング選手。
昭和58年10月31日生まれ。小学2年のとき手足の骨折,顔面を数百針縫うという交通事故にあい,そのリハビリシンクロをはじめた。平成19年スイスオープンのソロで優勝。20年北京五輪に出場してチーム5位入賞。大学卒業後も愛知教育大,神戸大,奈良女子大の大学院で学ぶ。東京都出身。愛知教育大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

石黒 由美子


芸名
石黒 由美子

性別
女性

生年月日
1983/10/31

星座
さそり座

干支
亥年

出身地
愛知県

ブログタイトル
石黒由美子オフィシャルブログ「夢をあきらめない」

ブログURL
http://ameblo.jp/yumiko-ishiguro/

職種
スポーツ

プロフィール
1983年10月生まれ、愛知県出身。小学2年生の時、母親の運転する車が交通事故に遭遇。顔面を540針、口の中を260針縫う大けがを負った。治療中にテレビで見たシンクロナイズド・スイミングに憧れ、翌年から競技を始めると、愛知県で初めて誕生したシンクロのクラブザ・クラブピア88」の門をたたいた。07年スイス・オープンのソロで優勝。北京オリンピック前の日本代表選考会で、初めて日本代表に選出されると、165センチの身長が、水の中ではより大きく見える、力強い演技力が評価され、オリンピック初出場を果たした。練習の傍ら愛知教育大学幼稚園から高校までの教員免許を取得したほどの努力家で、日本代表ではチームリーダーとしてチームを率いた経験を持つ。諦めなければ道は必ず開かれる。ひた向きな努力で障害を克服したシンクロナイズドスイミング北京オリンピック日本代表。

代表作品
著書『奇跡の夢ノート』 / 日本テレビ『魔女たちの22時』 / 関西テレビ『ココロの旅』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石黒由美子の関連キーワード石黒石川県金沢市石黒町石黒況翁石黒甚右衛門石黒伝右衛門石黒藤右衛門石黒南門石黒政常(2代)石黒政常(3代)原由美子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石黒由美子の関連情報