コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂岡雁宕 いさおか がんとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

砂岡雁宕 いさおか-がんとう

?-1773 江戸時代中期の俳人。
内田沾山(せんざん)にまなぶ。のち早野巴人(はじん)の高弟となり,同門の与謝蕪村(よさ-ぶそん)と親交をむすんだ。江戸俳壇で活躍し,「蓼(たで)すり古義」「俳諧(はいかい)一字般若(はんにゃ)」をあらわして大島蓼太(りょうた)と論争した。安永2年7月30日死去。下総(しもうさ)結城(ゆうき)(茨城県)出身。通称は四良左衛門。別号に茅風庵(ちふうあん),伐木斎。姓は伊佐岡ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

砂岡雁宕の関連キーワードティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱ティーパーティーボストン・ティーパーティー事件ボストン茶会事件ティーパーティー(茶会)長久保赤水あけ烏

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone