コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂絵(読み)スナエ

世界大百科事典 第2版の解説

すなえ【砂絵 sandpainting】

北アメリカ南西部地方や大平原地方のインディアンが,宗教・治療儀礼の一部として,聖なる地面に多色の砂を用いて描いた絵。南西部のナバホ族の間でもっとも顕著に発達したが,周辺のプエブロ・インディアンや大平原インディアンの一部も宗教儀礼の折にこれを描く習慣をもつ。ナバホ族のばあい,神聖な色とみなされている白,青,黄,黒,赤の5色の砂が用いられ,宗教的な建物の床に,シャーマンの指揮により儀礼の参加者が絵を手分けして完成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すなえ【砂絵】

手に握った砂を少しずつ落として描き出した絵。江戸時代、大道芸人が白砂や五色の砂を使って行なった。砂書き。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の砂絵の言及

【盆石】より

…これらは盆石というより箱庭とか盆庭に近いものであろう。 盆石の興味が,名石の鑑賞から離れて背景画である砂絵の描き方に移るとき盆画が生まれる。盆画は色砂を用いて写実的にはなるが,しだいに高雅さを失い,大道芸の砂絵や色砂に蠟をつけて水の上に景色を描く水上画なども生んだ。…

※「砂絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂絵の関連情報