コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂絵 スナエ

3件 の用語解説(砂絵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すな‐え〔‐ヱ〕【砂絵】

砂を手に握り、少しずつ地面などにこぼして描いた絵。江戸時代大道芸人が白砂や5色に染めた砂で描いて見せた。砂書き。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すなえ【砂絵 sandpainting】

北アメリカ南西部地方や大平原地方のインディアンが,宗教・治療儀礼の一部として,聖なる地面に多色の砂を用いて描いた絵。南西部のナバホ族の間でもっとも顕著に発達したが,周辺のプエブロ・インディアンや大平原インディアンの一部も宗教儀礼の折にこれを描く習慣をもつ。ナバホ族のばあい,神聖な色とみなされている白,青,黄,黒,赤の5色の砂が用いられ,宗教的な建物の床に,シャーマンの指揮により儀礼の参加者が絵を手分けして完成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すなえ【砂絵】

手に握った砂を少しずつ落として描き出した絵。江戸時代、大道芸人が白砂や五色の砂を使って行なった。砂書き。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の砂絵の言及

【盆石】より

…これらは盆石というより箱庭とか盆庭に近いものであろう。 盆石の興味が,名石の鑑賞から離れて背景画である砂絵の描き方に移るとき盆画が生まれる。盆画は色砂を用いて写実的にはなるが,しだいに高雅さを失い,大道芸の砂絵や色砂に蠟をつけて水の上に景色を描く水上画なども生んだ。…

※「砂絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

砂絵の関連キーワードアパッチ族アメリカインディアンアメリカインディアン諸語北アメリカグレートプレーンズスー族アメリカ杉アメリカ松北米亜米利加

砂絵の関連情報