砂鉱床(読み)さこうしょう(英語表記)placer deposit; alluvial deposit

  • さこうしょう サクヮウシャウ
  • さこうしょう〔サクワウシヤウ〕
  • 砂鉱床 placer deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱脈とその母岩が風化作用により分解され,流水により分級されつつ運搬されたのち,,泥などとともに金,白金,スズなどの有用鉱物が濃集して流路に沿い堆積した鉱床をいう。砂鉱床の堆積場所 (上流中流下流海岸) により鉱床の規模,形態は異なる。金,白金,ときにダイヤモンドなどの宝石類から砂鉄にいたるまで各種の砂鉱床がある。漂砂鉱床ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

岩石や鉱床が風化・分解して有用鉱物が分離され,これが流水や風によって運搬・淘汰(とうた)され,別の場所に沈積,集中して生じた堆積鉱床一種。化学的に安定で比重の大きい鉱物が作りやすい。砂金砂鉄砂スズ,シンシャ,ザクロ石などの砂鉱床があり,ダイヤモンドも半ばは砂鉱床で採取される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

地表で風化・浸食作用をうけて砂粒となった岩石や鉱物が,河川などの地表水や風により運搬される過程で,比重,形,風化に対する強度などによって淘汰・選別されて濃集し堆積した鉱床。代表的なものは,化学的に安定で比重の大きい金,白金,クロム鉄鉱スズ石モナザイトなどの鉱床である。鉱脈鉱床などに産する金は多少のを固溶していることが多いが,風化によって壊されて運ばれるうちに,銀分を失って純粋の金に近くなるとともに,いくつかの金粒が集まってしだいに大きな金粒~金塊となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 鉱脈などとして地中に存在する鉱石が、風化、浸食などの作用で細かく砕け、河川に流出して砂礫(されき)と混じり、河底、海岸などに沈積した鉱床。一般には、固結していない浅砂鉱床をいう。漂砂鉱床。砕屑鉱床。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android