コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錫石 スズイシ

3件 の用語解説(錫石の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すず‐いし【×錫石】

酸化錫からなる鉱物。赤褐色ないし黒褐色で、金剛光沢をもつ柱状結晶。正方晶系。鉱脈または砂鉱床から産出。の重要な鉱石。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すずいし【錫石】

スズの鉱石鉱物。正方晶系。赤褐ないし灰黒色を呈し、金属光沢がある。ペグマタイト鉱床・高温熱水鉱床、それらに由来する砂鉱床に産する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

錫石
すずいし
cassiterite

スズのもっとも重要な鉱石鉱物気成鉱床、中~高温熱水鉱床接触交代鉱床スカルン型鉱床)中に産するほか、ある種の花崗(かこう)岩の少量成分として含まれ、これから導かれた漂砂鉱床(砂鉱)は重要な鉱床である。ほかに花崗岩質ペグマタイトや流紋岩中に少量産することもある。自形は正方両錐形(りょうすいけい)、短~長柱状、針状をなすほか、塊状で縞(しま)状の構造をもつ腎臓(じんぞう)状、コロフォーム状、玉髄(ぎょくずい)状をなすものもある。
 日本では、茨城県西茨城郡七会(ななかい)村(現、東茨城郡城里(しろさと)町)高取鉱山、京都府亀岡市行者山、同船井(ふない)郡和知(わち)町(現、京丹波(きょうたんば)町)鐘打(かねうち)鉱山、大分県宇目(うめ)町(現、佐伯(さいき)市宇目)木浦(きうら)鉱山などから良晶を産した。実際に錫鉱床として大規模に稼行された兵庫県生野(いくの)・明延(あけのべ)両鉱山では、熱水鉱脈鉱床中の石英脈中に微粒をなし、一部にコロフォーム構造(微粒子が同心円・縞状(しまじょう)に沈積した組織)のものもみられた。世界的には、マレーシアで海中の砂鉱から得られるものが量的にもっとも多い。英名はギリシア語でスズを意味するカシテロスにちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錫石の関連キーワード褐鉄鉱金紅石モリブデン鉛鉱網茸カテキュー黒癩赤褐色酸化錫松枯葉蛾エゾマツ