錫石(読み)すずいし(英語表記)cassiterite

翻訳|cassiterite

日本大百科全書(ニッポニカ)「錫石」の解説

錫石
すずいし
cassiterite

スズのもっとも重要な鉱石鉱物気成鉱床、中~高温熱水鉱床、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)中に産するほか、ある種の花崗(かこう)岩の少量成分として含まれ、これから導かれた漂砂鉱床(砂鉱)は重要な鉱床である。ほかに花崗岩質ペグマタイトや流紋岩中に少量産することもある。自形は正方両錐形(りょうすいけい)、短~長柱状、針状をなすほか、塊状で縞(しま)状の構造をもつ腎臓(じんぞう)状、コロフォーム状、玉髄(ぎょくずい)状をなすものもある。

 日本では、茨城県西茨城郡七会(ななかい)村(現、東茨城郡城里(しろさと)町)高取鉱山(閉山)、京都府亀岡市行者山、同船井(ふない)郡和知(わち)町(現、京丹波(きょうたんば)町)鐘打(かねうち)鉱山(閉山)、大分県宇目(うめ)町(現、佐伯(さいき)市宇目)木浦(きうら)鉱山(閉山)などから良晶を産した。実際に錫鉱床として大規模に稼行された兵庫県生野(いくの)・明延(あけのべ)両鉱山(ともに閉山)では、熱水鉱脈鉱床中の石英脈中に微粒をなし、一部にコロフォーム構造(微粒子が同心円・縞状(しまじょう)に沈積した組織)のものもみられた。世界的には、マレーシアで海中の砂鉱から得られるものが量的にもっとも多い。英名はギリシア語でスズを意味するカシテロスにちなむ。

[加藤 昭 2017年8月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「錫石」の解説

すず‐いし【錫石】

〘名〙 鉱石。少量の鉄などを含む酸化錫。化学組成式 SnO2 灰・褐・黒色などで金剛光沢または脂肪光沢を有する。正方晶系。ふつう粒状・柱状で石英鉱脈中に、または砂鉱として産する。しゃくせき。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android