コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研磨紙 けんましabrasive paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

研磨紙
けんまし
abrasive paper

サンドペーパー sandpaperともいう。研磨材の粒子をクラフト紙などの紙基材に,にかわ,ゼラチン,合成樹脂などの接着剤で固着したもの。シート状とロール状のものがあり,金属や木材などの研削,研磨に用いる。研磨材粒子には,酸化アルミニウム (硬い金属用) ,炭化ケイ素 (非鉄金属や軟質金属用) ,エメリー (金属の仕上げ加工用) ,ガーネット (木材用) などを用い,加工条件に応じて種々の粒度のものを使用する。これらの粒子を綿布および耐水処理したクラフト紙に固着させたものをそれぞれ研磨布,耐水研磨紙 (塗装面の研磨用) という。研磨布のほうが強度や粒度範囲が大きく,エンドレス研磨ベルトはその代表的な工業製品である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android