砲戦術(読み)ほうせんじゅつ(英語表記)tactics of bombardment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砲戦術
ほうせんじゅつ
tactics of bombardment

迫撃砲,榴弾砲,野砲,山砲などの火砲を用いて,目標に砲火を集中し,敵を粉砕する戦術。砲撃の直後,歩兵を突撃させて完全制圧する戦術と組合せて用いることが多い。砲戦術には,命中弾および至近弾によって破壊,殺傷を加える直接的効果と,砲声や炸裂音などの音響で精神的,心理的な不安感を惹起させる間接的効果とがある。 1942年スターリングラード攻防戦でのソ連軍や,54年ディエンビエンフーでのベトミン軍などは,この砲戦術を最も巧みに駆使した例とされる。海軍における砲戦術とは,艦隊の砲戦の効果を最大に発揮するため,艦隊の運動,砲戦の指揮 (目標の配分,砲火の集中,分散) ,測的,観測機の用法,避弾運動,煙幕の用法,砲戦指揮通信などを含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android