コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榴弾砲 りゅうだんほう howitzer

翻訳|howitzer

4件 の用語解説(榴弾砲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

榴弾砲
りゅうだんほう
howitzer

17世紀頃に一般化した火砲。カノン砲 (平射で長距離をねらう) と臼砲 (曲射で近距離) の中間の砲種として,火砲の基本的な型の一つとなった。榴弾砲は,臼砲と同じように援護物後方の目標を攻撃し,また砲台や軍艦甲板を上方から破壊するのが目的であるが,臼砲よりも弾速や射程がまさっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅうだん‐ほう〔リウダンハウ〕【×榴弾砲】

曲射砲の一。カノン砲に比べて初速が遅く、榴弾を湾曲した弾道で発射して遮蔽(しゃへい)物を越えた目標を砲撃できる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

榴弾砲【りゅうだんほう】

砲身長が口径の12〜20倍で,臼(きゅう)砲カノン砲の中間にある火砲。初速,射距離は臼砲にまさり,落角の大きい曲射弾道を利用して障害物の破壊,遮蔽(しゃへい)物内の兵馬の殺傷に用いる。
→関連項目自走砲大砲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

榴弾砲
りゅうだんほう
howitzer

砲身長が20~40口径長(口径の20~40倍の長さ)を有し、陸上部隊が間接照準で低射角(15~45度)および高射角(45~70度)の射撃によって敵部隊などを制圧できる地対地火器。火砲の一部として位置づけられている。1680年代から臼砲(きゅうほう)と長砲身カノンとの中間の火砲として、短砲身のハウザーと名づけられて区別されている。榴弾砲は、山地等の援護物により敵を直接照準して射撃できない場合に効果を有しており、目標距離に応じて装薬を調整して射撃することができる。現在、野戦砲兵の主力火砲として、機動性、発射速度、砲弾効力、射撃精度などの観点から歩兵部隊の支援砲としてもっとも多く装備され、戦場での機動性を高めるため各種榴弾砲の自走化が進められている。一方、山岳地域での使用や輸送機からの落下傘による空中投下のための軽量化も実現している。陸上自衛隊装備の榴弾砲には、99式自走155ミリ榴弾砲(射程30キロメートル)、155ミリ榴弾砲FH70(射程通常弾24キロメートル、噴進弾30キロメートル)、203ミリ自走榴弾砲などがある。[小橋良夫・村井友秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

榴弾砲の関連キーワードカノン砲野砲加農砲加農平射砲アマサスキャノン砲マンダ島人質カノン自走カノン砲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

榴弾砲の関連情報