コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硝化菌 ショウカキン

百科事典マイペディアの解説

硝化菌【しょうかきん】

アンモニアを酸化して亜硝酸に,あるいは亜硝酸を酸化して硝酸にする土壌細菌の総称。この2段の反応は別々の細菌によって行われ,前段はおもに亜硝酸菌,後段はおもに硝酸菌による。ともに酸化のとき生ずるエネルギーを用いて炭酸同化を行う。
→関連項目独立栄養

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の硝化菌の言及

【硝化作用】より

…硝化菌と呼ばれる一群の細菌によって,アンモニウムイオンNH4が亜硝酸イオンNO2を経由して硝酸イオンNO3に酸化される反応をいう。畑に施用された硫安(NH4)2SO4などのアンモニア態窒素も硝化され硝酸態窒素に変わる。…

※「硝化菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

硝化菌の関連キーワード物質循環硝化作用細菌類

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android