亜硝酸菌(読み)あしょうさんきん(英語表記)nitrite bacteria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「亜硝酸菌」の解説

亜硝酸菌
あしょうさんきん
nitrite bacteria

真正細菌類のうち,アンモニウム化合物を酸化して亜硝酸塩を生産し,その間得られる化学的エネルギーを活用して生活するもの。土壌細菌中,ニトロソモナス属 Nitrosomonas,ニトロソコックス属 Nitrosococcusが最も有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「亜硝酸菌」の解説

あしょうさんきん【亜硝酸菌 nitrite bacteria】

亜硝酸細菌,アンモニア酸化菌ともいう。硝化細菌nitrifying bacteriaの一つで,好気的にアンモニアを酸化して亜硝酸にする細菌。土壌および海洋に分布する。生成される亜硝酸を酸化して硝酸にする硝酸菌と生態的に相伴って生育しているもので,窒素の循環に重要な役割を果たしている。このように無機物を基質として好気呼吸をおこなう細菌を独立栄養細菌と称し,亜硝酸菌のほかに硝酸菌,水素細菌,鉄細菌,無色硫黄細菌がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の亜硝酸菌の言及

【硝酸菌】より

…硝酸細菌,硝酸生成細菌ともよばれる。これに対し,アンモニア態窒素から亜硝酸をつくる亜硝酸菌があり,両方をまとめて硝化細菌nitrifying bacteriaという。ともに土の中で窒素の循環にたずさわる重要な細菌である。…

※「亜硝酸菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android