コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硝酸菌 しょうさんきんnitrate bacteria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硝酸菌
しょうさんきん
nitrate bacteria

亜硝酸基を酸化して硝酸塩を生産し,その間化学的に得たエネルギーを活用して生活する細菌。土壌細菌中のニトロバクター Nitrobacterが最もよく知られている。有機窒素肥料が作物の可吸収体になることに深い関係がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうさんきん【硝酸菌 nitrate bacteria】

土中や海洋にいる細菌類で亜硝酸を好気的に酸化して硝酸にするNitrobacter属とNitrococcus属のものの総称。硝酸細菌,硝酸生成細菌ともよばれる。これに対し,アンモニア態窒素から亜硝酸をつくる亜硝酸菌があり,両方をまとめて硝化細菌nitrifying bacteriaという。ともに土の中で窒素の循環にたずさわる重要な細菌である。硝酸菌と亜硝酸菌はつねに相伴って生息している。微生物は窒素を無機態であっても有機態であっても利用できるが,高等植物は無機態,動物は有機態の窒素を利用する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうさんきん【硝酸菌】

硝化細菌の一。亜硝酸菌がアンモニアを酸化してつくった亜硝酸をさらに酸化して硝酸に変えるはたらきをする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の硝酸菌の言及

【亜硝酸菌】より

…土壌および海洋に分布する。生成される亜硝酸を酸化して硝酸にする硝酸菌と生態的に相伴って生育しているもので,窒素の循環に重要な役割を果たしている。このように無機物を基質として好気呼吸をおこなう細菌を独立栄養細菌と称し,亜硝酸菌のほかに硝酸菌,水素細菌,鉄細菌,無色硫黄細菌がある。…

※「硝酸菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硝酸菌の関連キーワードNitrobacterアンモニア態窒素アンモニア硫黄細菌化学合成硝化菌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android