コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化レニウム りゅうかレニウムrhenium sulfide

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかレニウム【硫化レニウム rhenium sulfide】

レニウムと硫黄の化合物で,レニウムの酸化数II,IVおよびVIIの硫化物が知られている。
[硫化レニウム(II)]
 化学式ReS。硫化水素と水素の混合ガスを90℃で酸化レニウム(VI) ReO3に作用させると得られる。比重7.42。アルゴン中で約1000℃まで安定。水素と反応させると280℃でレニウムと硫化水素とになる。
[硫化レニウム(IV)]
 化学式ReS2。ReO3と硫黄とを混合し,真空にした状態で400℃で24時間加熱すると得られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

硫化レニウムの関連キーワード酸化レニウム硫化水素

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android