コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化レニウム りゅうかレニウムrhenium sulfide

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかレニウム【硫化レニウム rhenium sulfide】

レニウムと硫黄の化合物で,レニウムの酸化数II,IVおよびVIIの硫化物が知られている。
[硫化レニウム(II)]
 化学式ReS。硫化水素と水素の混合ガスを90℃で酸化レニウム(VI) ReO3に作用させると得られる。比重7.42。アルゴン中で約1000℃まで安定。水素と反応させると280℃でレニウムと硫化水素とになる。
[硫化レニウム(IV)]
 化学式ReS2。ReO3と硫黄とを混合し,真空にした状態で400℃で24時間加熱すると得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android