硬教育(読み)こうきょういく(英語表記)hard pedagogics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬教育
こうきょういく
hard pedagogics

児童の興味や楽しみよりも,その努力や苦心に訴えて教育の効果をあげようとする教育方針。鍛練主義,意志陶冶などと同義語。 J.ロックがその代表的論者

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐きょういく カウケウイク【硬教育】

〘名〙 教育方法の主張の一種。きびしい訓練を重んじ、努力の不足に対しては体罰を認めることも辞さないことを特色とする。〔現代術語辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android