コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硯割 すずりわり

世界大百科事典 第2版の解説

すずりわり【硯割】

御伽草子。高僧の発心譚。〈橘のよしね〉の一人の子,中太三郎は才学すぐれ,請われて〈ときともの大納言〉家に仕えるが,主の留守に相伝の硯を落として割ってしまう。若君がこれを哀れみ代わって名のり出るので,大納言は怒りのあまり若君の首を打ち落とす。三郎はあとを追おうとするが,菩提(ぼだい)を弔ってわが身の咎(とが)を晴らそうと思い直し,出家して性空(しようくう)と名のる。日向国,筑前国などで草庵を結び,法華経読誦怠らず,後に異人の教えに従って播磨国書写山に住み,ついに六根浄を得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硯割の関連キーワード御伽草子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android