硯海(読み)けんかい

精選版 日本国語大辞典「硯海」の解説

けん‐かい【硯海】

〘名〙 (すずり)の、水をたたえるくぼみ。すずりの海。硯池
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四二「別に臨んで数行の紅涙硯海(ケンカイ)に溢る」

すずり‐の‐うみ【硯海】

豊前国(福岡県)の門司(もじ)雅称。門司を文字としてその海を硯に見立てた。現在の北九州市門司港にあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android