コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門司 モジ

4件 の用語解説(門司の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もじ【門司】

福岡県北九州市の区名。もと門司市。関門トンネル関門橋山口県下関市と結ばれている。石炭の積み出し港・貿易港として発展。工業地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もじ【門司】

福岡県北九州市の区名。人口12万0890(1995)。1963年門司市(1899市制)が小倉市など4市と合体して北九州市が誕生した際,その一区となる。企救(きく)半島に位置し,関門海峡をはさんで下関市と相対する。古代に門司関が置かれるなど古くから海陸交通の要地であった。1889年門司港の築港会社が発足して米,石炭など5品目の特別輸出港に指定され,91年にここを起点に九州鉄道(現,鹿児島本線)が開通して〈九州の表玄関〉となり,さらに食料品,セメント,金属などの工業も興り,急激に発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もじ【門司】

北九州市七区の一。もと門司市。関門海峡に面する港湾・工業地区。関門トンネル・関門橋で下関と結ばれる。和布刈めかり公園がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

門司
もじ

福岡県北部、北九州市北東端にある区。1899年(明治32)北九州市地区で最初に市制施行、1963年(昭和38)門司、小倉(こくら)、若松(わかまつ)、八幡(やはた)、戸畑(とばた)の5市合併による北九州市設置により区制施行、同市門司区となる。九州の北東端である企救(きく)半島の大部分を占め、関門(かんもん)海峡を隔てて本州と対峙(たいじ)する交通上の要地で、645年(大化1)に文字(もじ)の関が置かれ古代より発展したが、中世から明治初年にかけては繁栄を対岸の赤間関(あかまがせき)(現、下関(しものせき)市)に奪われて一漁村にすぎなかった。1889年築港会社が設立されて門司港は石炭、米などの特別輸出港の指定を受け、1891年九州鉄道(現、JR鹿児島本線)が開通すると九州の陸海の玄関口として発展を開始した。その後、筑豊(ちくほう)炭の積出し港、大陸貿易の基地として、第二次世界大戦前は神戸、横浜、大阪に次ぐ全国第4位の貿易港の地位を誇った。1942年(昭和17)の関門鉄道トンネル、1958年国道トンネルの開通や、戦後の大陸貿易の衰退などにより交通拠点としての機能低下を示し、低迷傾向にある。区域は企救山地により表門司(関門海峡側)と裏門司(新門司)に分けられるが、表門司の門司港は、海岸通り付近に門司港湾合同庁舎、第七管区海上保安本部、船舶会社、倉庫などの港湾施設が立地、大里(だいり)にかけての臨海部には金属、機械、セメント工業などの工場とともに関門製糖などの食品工業の工場が港湾機能を背景に立地し、近年では明治期の景観を保存する門司港レトロ事業の中心地域になっている。重化学工業に偏った北九州工業地帯にあっては特徴的である。周防灘(すおうなだ)に面した新門司は開発が遅れた農漁村地域であったが、低迷する北九州工業地帯の復興のために臨海工業用地が造成されて、フェリーも大阪方面へ就航し、新しい工業地帯として発展しつつある。早鞆(はやとも)ノ瀬戸や壇之浦(だんのうら)、巌流(がんりゅう)島(船島)などを一望できる和布刈(めかり)公園は、九州最古の灯台がある部埼(へさき)とともに瀬戸内海国立公園に含まれる景勝地で、近くに和布刈神社、文字(門司)の関跡などがあり、1973年開通の関門橋は観光的価値も高い。九州の玄関口となる門司港駅は大正時代に建築されたもので、国の重要文化財に指定されている。近くに九州鉄道記念館がある。[石黒正紀]
『『門司市史 昭和篇』(1964・門司市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の門司の言及

【門司関】より

…古代から中世にかけて現在の北九州市門司区の甲宗八幡宮あたりにおかれていた海関。関門海峡をへだてて赤間関と向かい合い,本州と九州を最短距離で結ぶ位置にあり,また西九州から海路瀬戸内,畿内地方へ向かう船がかならず通る場所であった。…

※「門司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

門司の関連キーワード小倉北九州戸畑宮若宗像小倉北小倉南八幡西八幡東スペワ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

門司の関連情報