碧山瑞泉(読み)へきざん ずいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

碧山瑞泉 へきざん-ずいせん

?-1586 戦国-織豊時代の僧。
大石定久(さだひさ)の子。曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)八王子(東京都)心源院の玉田存麟(ぎょくでん-そんりん)について出家。のち随翁舜悦(ずいおう-しゅんえつ)につき印可をうける。永禄(えいろく)7年八王子の廃寺再興,宗関寺をひらく。舜悦を開山(かいさん)にまねき,その跡をついだ。天正(てんしょう)14年2月21日死去。武蔵由井(東京都)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android