コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碧山瑞泉 へきざん ずいせん

1件 の用語解説(碧山瑞泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

碧山瑞泉 へきざん-ずいせん

?-1586 戦国-織豊時代の僧。
大石定久(さだひさ)の子。曹洞(そうとう)宗。武蔵(むさし)八王子(東京都)心源院の玉田存麟(ぎょくでん-そんりん)について出家。のち随翁舜悦(ずいおう-しゅんえつ)につき印可をうける。永禄(えいろく)7年八王子の廃寺を再興,宗関寺をひらく。舜悦を開山(かいさん)にまねき,その跡をついだ。天正(てんしょう)14年2月21日死去。武蔵由井(東京都)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

碧山瑞泉の関連キーワード織豊時代義翁盛訓玉田存麟芝侍従寿昌尋憲祖栄半井宗洙藤木久志陽光院

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone