コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碧蹄館の戦い へきていかんのたたかい

2件 の用語解説(碧蹄館の戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

碧蹄館の戦い
へきていかんのたたかい

文禄・慶長の役における激戦の一つ。文禄2 (1593) 年1月 26日朝鮮漢城 (現ソウル) の北方約 20kmの碧蹄館周辺で,小早川隆景宇喜多秀家立花宗茂らの漢城駐留軍と,平壌の戦いに小西行長らを破って南下した明将李如松の率いる明軍とが戦った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

碧蹄館の戦い
へきていかんのたたかい

文禄(ぶんろく)の役(えき)(豊臣(とよとみ)秀吉の第一次朝鮮侵略)の一戦闘。1593年(文禄2)1月、朝鮮漢城(ソウル)北方の碧蹄館で、漢城を占領した日本軍と、これを奪回せんとする明(みん)軍が激戦し、明軍は敗れて平壌に退いた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

碧蹄館の戦いの関連情報