磁山文化(読み)ジザンブンカ

世界大百科事典 第2版の解説

じさんぶんか【磁山文化 Cí shān wén huà】

中国,河北省南部の武安県洺河流域に分布する新石器時代早期の文化。標識となった磁山遺跡は県城の南西20kmにあり,1976‐77,78年と2度の調査が行われ,灰坑と上下2層の文化層を出土した。土器は夾砂・泥質の紅陶で,盂,それをのせる支脚,三足鉢,深腹缶,双耳壺,丸底鉢などがある。石器には磨製打製の両方があり,牛舌状鏟,石斧,石鑿,石庖丁,石鎌などがある。製粉用の牛舌状石皿は四足をもつ精品で棒状すり石を伴う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じざんぶんか【磁山文化】

中国、黄河中流域の初期新石器文化。南接する裴李崗はいりこう文化とともに、仰韶ぎようしよう文化に先行する農耕文化として注目される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android