コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁山文化 ジザンブンカ

3件 の用語解説(磁山文化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じざん‐ぶんか〔‐ブンクワ〕【磁山文化】

中国、黄河中流域に栄えた初期新石器文化。河南の裴李崗(はいりこう)文化とともに、仰韶(ぎょうしょう)文化に先行する農耕文化

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じさんぶんか【磁山文化 Cí shān wén huà】

中国,河北省南部の武安県洺河流域に分布する新石器時代早期の文化。標識となった磁山遺跡は県城の南西20kmにあり,1976‐77,78年と2度の調査が行われ,灰坑と上下2層の文化層を出土した。土器は夾砂・泥質の紅陶で,盂,それをのせる支脚,三足鉢,深腹缶,双耳壺,丸底鉢などがある。石器には磨製・打製の両方があり,牛舌状鏟,石斧,石鑿,石庖丁,石鎌などがある。製粉用の牛舌状石皿は四足をもつ精品で棒状すり石を伴う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じざんぶんか【磁山文化】

中国、黄河中流域の初期新石器文化。南接する裴李崗はいりこう文化とともに、仰韶ぎようしよう文化に先行する農耕文化として注目される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磁山文化の関連キーワード河北省漢水ボア良渚鎮遺跡河流九州山戎保定プイ族(布依族)平原省

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone