コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯野文斎 いその ぶんさい

2件 の用語解説(磯野文斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

磯野文斎

幕末の画家。肥前長崎生。名は信春、通称は由平、屋号は大和屋・大由・文彩堂。池田英泉の門に学ぶ。著書に『長崎土産』がある。安政4年(1857)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯野文斎 いその-ぶんさい

?-1857 江戸時代後期の版元,版画家。
江戸の渓斎英泉に画をまなぶ。長崎にうつって,文錦堂とならび称される長崎版画の版元兼絵師となる。文政の中期から自作を出版した。作品に「長崎八景」「オランダ船」など。狂歌もよくした。安政4年1月21日死去。名は信春。通称は由平。屋号は大和屋,大由,文彩堂。著作に「長崎土産」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

磯野文斎の関連キーワード永楽屋東四郎(2代)大畠文治右衛門加賀屋源助釜屋又兵衛河内屋源七佐野屋喜兵衛中村長秀英平吉舟木嘉助一角獣の版画家