コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯野文斎 いその ぶんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯野文斎 いその-ぶんさい

?-1857 江戸時代後期の版元,版画家。
江戸の渓斎英泉に画をまなぶ。長崎にうつって,文錦堂とならび称される長崎版画版元兼絵師となる。文政の中期から自作を出版した。作品に「長崎八景」「オランダ船」など。狂歌もよくした。安政4年1月21日死去。名は信春。通称は由平。屋号は大和屋,大由,文彩堂。著作に「長崎土産」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

磯野文斎の関連キーワード幕末

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android