水耕(読み)スイコウ

世界大百科事典 第2版の解説

すいこう【水耕 hydroponics】

植物が正常に生育するために必要な元素を含む水を与え,土壌を用いないで植物を栽培する方法。無土壌栽培soilless culture,養液栽培solution culture,ハイドロポニックスともいう。クロッカスやヒアシンスなど球根植物では,球根自体に養分があるので水だけで栽培でき,この場合は水栽培という。水耕には,根を直接水溶液中に浸漬(しんし)する方式(狭義の水耕water culture)と砂,礫(れき),バーミキュライト,おがくずなどの化学的に不活性な資材に根を張らせる方式(砂耕礫耕など)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すいこう【水耕】

土を使わず、砂や礫れきを培地とし、必要な養分を溶かした水で植物を栽培すること。水栽培。 「 -栽培」 「 -法」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水耕の関連情報