コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会システム論 しゃかいしすてむろんsocial system

知恵蔵の解説

社会システム論

20世紀の社会学で中心的役割を果たした、社会を1つの全体的なシステムとしてとらえる理論。マルクス主義と並んで、社会を総体として捉える理論として注目された。創始者であるアメリカの社会学者パーソンズは、「構造-機能」分析という理論を展開し、社会全体を生命体のような1つの自己維持をめざすシステムとして捉え、このシステムには、富を生産し配分する機能、人々の意識を統合する機能等があるとした。しかし、社会を全体としてみる理論は個々人の実存的な意味について問うことができない、として反発も受けることになる。後に、ドイツの社会学者ルーマンは社会システム論に「意味」という要素を取り込んだ。ルーマンによれば、世界とは、私たちが現実に体験できる事柄だけでなく、それを超えた可能性からなる複雑なものである。世界は多様な可能性をはらむ不確実なものであり、これを確からしいものにするために、私たちは意味によって世界を秩序づける。この秩序づけの働きが「複雑性の縮減」と呼ばれる。ルーマンは、社会システムは意味による秩序づけを行う相互のコミュニケーションとしてあり、これを前提として初めて個々人の行為やアイデンティティーが成立すると考えた。

(石川伸晃 京都精華大学講師 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

社会システム論の関連キーワードネイル・ヨセフ スメルサーダブルコンティンジェンシー社会(society)均衡理論(社会学)ダーレンドルフAGIL 図式意味の社会学ハーバーマスシステム理論スメルサー社会類型社会工学学校経営社会体系均衡理論社会資源

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会システム論の関連情報