コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的多元論 しゃかいてきたげんろんsocial pluralism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的多元論
しゃかいてきたげんろん
social pluralism

社会はそれぞれ独自の構造機能とをもった下位社会,集団によって構成される錯綜した複合的秩序,組織であり,単一の集団や原理に還元しうるものではなく,その社会変動も,下位原理の相互作用の複雑な交錯のなかから導き出されるものであると考える立場。社会的一元論に対置する。すなわち社会の制度的,組織的形成が一定の一元的な統一性を保ち,単一的原理によって支配され,したがって,その単一的原理に基底還元される仕方でその社会の構造と機能が説明される,という考え方を拒否する社会論である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android