コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的決定論 しゃかいてきけっていろんsocial determinism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的決定論
しゃかいてきけっていろん
social determinism

人間の行為,文化現象などが何か特定の社会的要因によって決定されているとする考え方。一般に決定論は意志の自由との対比で論じられてきたが,社会科学の分野では 19世紀以来の自然科学の発展の影響を受け,特にプロレタリアート勃興と結びついた社会革命=社会進化の思想として現れている。ただし,そうした運動法則を決定する社会的要因を何とするかは議論の分れるところであり,政治に求めたり (K.デューリングら) ,社会形態に求めたり (É.デュルケム ) など,諸説がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

社会的決定論の関連キーワードドリフト理論

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android