コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会精神医学 しゃかいせいしんいがくsocial psychiatry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会精神医学
しゃかいせいしんいがく
social psychiatry

定義について定説はないが,H.W.ダナムの「精神医学のうえで問題にされる課題を社会学的方法を用い,社会学的観点から研究する学問」とする考え方が最も広く支持されている。対象とする分野も,精神障害の理解と治療やアフターケア重点をおくものと,さまざまな社会現象に関する精神医学的理解と対策に重点をおくものに分れる。しかし,1970年代に入って次第に範囲が狭く絞られる方向にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

社会精神医学の関連キーワードジェームズ・アレキサンダー・キャンベル ブラウンタハール ベン・ジェルーン行動科学加藤正明

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android