社会革新党(読み)しゃかいかくしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「社会革新党」の解説

社会革新党
しゃかいかくしんとう

日本の政党。1948年3月26日結成。1947年に片山哲首相が連合国総司令部 GHQから平野力三農林大臣の追放を迫られ,罷免したのを不満として,1948年に平野派が日本社会党を脱党し,国民協同党の一部と無所属議員とともに結成した。結成時衆院議員 20人。書記長佐竹晴記。1949年の衆議院議員総選挙で 5人に減少し,1951年に社会民主党となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の社会革新党の言及

【社会民主党】より

…(2)1951年2月平野力三を委員長として結成された社会民主主義政党。1948年3月片山哲内閣の農相を罷免された平野は日本社会党を脱党した全農議員団を中心に社会革新党を結成した。しかし,平野は公職追放され,党勢はふるわなかった。…

※「社会革新党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android