コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民協同党 こくみんきょうどうとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民協同党
こくみんきょうどうとう

日本の政党。1947年3月に協同民主党国民党が合同して生まれた中道政党。書記長三木武夫,常任委員会議長岡田勢一。結成時は衆議院に 78議席をもっていたが,同 1947年4月の衆議院議員総選挙で 31議席に減った。しかし,中間勢力として日本社会党民主党と連立して,同年 5月片山哲内閣,1948年3月には芦田均内閣の与党となった。1949年の総選挙で 14議席に減り,1950年4月,民主党野党派と合同して国民民主党を結成した。(→自由民主党

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

国民協同党【こくみんきょうどうとう】

第2次大戦後の中間派小政党。1947年国民党と協同民主党が合同して結成。協同主義,階級協調等を掲げたが実質は保守政党。片山哲・芦田均両内閣には与党として連立政権に参加。
→関連項目芦田均内閣片山哲内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんきょうどうとう【国民協同党】

第2次大戦直後に出現した修正資本主義を指導理念とする中道主義の政党。1947年3月,協同民主党と国民党が合同して結成された。おもな役員は書記長三木武夫,中央常任委員会議長岡田勢一,副書記長早川崇,政務調査会長船田享二らであり,〈協同主義によって日本経済を再建する〉ことが綱領としてうたわれた。〈資本と労働の協同することが生産増強の条件〉であるとの考えも示されている(第3回大会宣言)。発足当初,衆参両院で70名台の議員数であったが,その後,30名台に定着,片山哲内閣には逓信大臣(三木武夫),国務大臣(笹森順造)を送り,芦田均内閣には運輸大臣(岡田勢一),国務大臣(船田享二)を送って与党の地位を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくみんきょうどうとう【国民協同党】

1947年(昭和22)、協同民主党と国民党が合同して結成した中間派政党。議会主義、協同主義を掲げ、片山・芦田両内閣に参加。50年、日本民主党野党派と合同して国民民主党を結成、解党。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民協同党
こくみんきょうどうとう

1947年(昭和22)3月8日、協同民主党と国民党が合同して結成した中道派の政党。人道主義、協同主義を綱領に掲げ、官営事業の民営化、生鮮食料品の統制撤廃、農山漁村の近代化を目ざした。常任委員会議長岡田勢一、書記長三木武夫(たけお)。結党時に78名の議員を擁し、同年4月の総選挙では一気に31名の小政党に転落したが、選挙後は民主党とともに片山・芦田(あしだ)両連立内閣に参画、それぞれ2名を閣僚として送った。芦田内閣総辞職後は野党に回り、中道勢力の再結集を試みたが、立党精神のあいまいさもあって1949年1月の総選挙では議席を14名に減らし、翌1950年4月民主党と合同して国民民主党となった。[吉田健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国民協同党の言及

【三木武夫】より

…42年の翼賛選挙では非推薦で当選している。第2次大戦後,協同民主党を経て47年3月国民協同党を結成し,書記長,委員長となる。同年,社会・民主・国協3党連立の片山哲内閣の逓信相。…

※「国民協同党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国民協同党の関連キーワード民主党(1947年結成)民主党[日本]井出 一太郎井出一太郎社会革新党松原 一彦藤本 虎喜農民協同党田嶋 好文池上 隆祐大橋 喜美米倉 龍也米倉 竜也吉川 久衛酒井 俊雄岡田 勢一磯田 正則谷口 武雄田中 たつ越原 春子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android